復縁を諦めるタイミングがわからない時の恋愛学

復縁できず諦めるのは残念な結果ですが、一度別れたカップルが元のさやに戻るのは簡単なことではありません。何度も元恋人にアプローチしても、相手に無視され続けて結局お互いに嫌な思いをして終わってしまう場合もありますよね。

別れてから時間が経つごとに、未練や後悔がでてくるのはごく普通のことですが、そんな時に復縁をしたいと決意するのは、よほどのエネルギーが必要です。しかし復縁したくても諦める人が多いのが現実。いつまでも無駄な努力をせずに、新しい恋に向かって進むには、いつ復縁を諦めるべきなのでしょうか。復縁を諦めるタイミングについて、今回は見ていきたいと思います。

 

納得できない事実がある

別れる原因は色々ありますが、あの時こうしておけば…と後悔をするともう一度チャンスが欲しくなりますよね。やり直せばきっと2回目はうまくいくはずだ!と思うのは誰でも同じことです。

しかし一度別れた人に対しては、嫌な面もはっきり分かりお互いに納得できない事実があるかもしれません。例えば元カノの浮気が原因で別れたとしましょう。たとえ元カノが変わる努力をしても、浮気をした事実が消えることはなく、いつまでも記憶の中に残ってしまいます。

それがトラウマになり、二度と信頼関係を築けなくなると復縁しても長続きはしません。復縁が成功するかどうかは、まず別れた原因について考えてみましょう。二人で乗り越えられる問題ならば、復縁できる可能性はあるかもしれません。

 

連絡のやり取りだけで進展がない

復縁を諦めるタイミングが分からず、いつまでもずるずると連絡をしている人も中にはいますよね。いつか昔のようなラブラブな関係に戻ると信じていても、いったん冷めた気持ちを取り戻すのは、とても難しいのです。

復縁をしようと元恋人にメールや電話でアプローチしても、なんとなく盛り上がりがなくたとえデートをしたとしても、どこかぎくしゃくしたままになってしまう時も。復縁は一人で頑張るのでなく、二人が協力して関係を修復しないといけません。

復縁を諦めるポイントになるのが、お互いにどれぐらい変わる努力をしているかという点です。別れたままの価値観ではまったく同じことの繰り返しになりますので、連絡のやりとりをしても進展がない場合がほとんどです。

 

相手を受け入れることができない

復縁を諦めるモードに入ってくると気分も乗らず、未練や後悔も徐々に消えていきます。男性と女性を比較すると、女性の方が別れた後はあっさりして、すぐに次の恋愛に向けて頑張れるのですが、男性はいつまでも後を追いかけてしまいますよね。

別れてから3ヶ月ぐらいで、女性は徐々に立ち直り気分を入れ変えるとも言われています。復縁はタイミングが大切ですが、いつまでもどうするべきか迷いながらアプローチするのでは、お互いにとって負担になるだけです。

別れを経験すると相手の本当の価値も見えてくるはず。一度は嫌いになった相手を再び受け入れることができるのか、性格や価値観などどうしても許せない部分があるのかどうか。復縁してもすぐに別れるのであれば、無駄な努力をせずに新しい恋に向かうべきなのです。

 

相手の価値を理解できない

復縁を諦めるべきタイミングは、本当に復縁したいのか、理由が分からなくなった時です。別れた直後は、一人で寂しいから寄りを戻したいと思う気持ちがあるかもしれません。でも別れた相手に対して、自分から歩み寄れるかどうかは分かりません。

価値観のずれはどんなカップルでも喧嘩の原因になり、結局別れるきっかけになるものです。相手の本当の魅力を理解できずに復縁しても、結局同じことで喧嘩を繰り返し、長続きすることはないでしょう。

本当に相手のことが好きなのか、信頼関係が取り戻せるか、冷静に判断してください。復縁しようと努力するのはとてもエネルギーが必要なので、無駄な努力をしない為にも相手の本当の価値を知ることが必要です。復縁する気持ちが薄れてしまったら無理をせずお互いの新しい人生をスタートさせた方が幸せになれます。

 

新しい恋がしたい

復縁を諦めるか、このまま頑張ってアプローチを続けるか、色々な迷いが出てくると思います。時間が経過するごとに気持ちは徐々に薄れて、昔の恋人よりも新しい恋に興味を持ち始める時期がやってきます。

別れた直後はお互いに傷つき、もう一度やり直したいと思うのは自然な事ですが、復縁を諦めるタイミングは過去のこととして振り切れるようになった時です。好きな人ができた、新しい恋がしたいと思い始めた時は、復縁を諦めるチャンス。カップルのなかには、どちらかがほかに好きな人ができて別れる場合もありますが、気持ちが離れた時点で復縁はもう無理かもしれませんね。

人を好きになるのは強制されることではありません。自然と惹かれるものがなくなった時には、復縁を諦めるタイミングと言えるでしょう。

1年以上連絡がない場合

別れて1年近く音沙汰がない場合は、復縁するきっかけを作ることすら難しくなります。別れてから何度か連絡しても相手から返事がない、進展がないまま時間を経てばお互いの存在は徐々に風化されていきます。

男性の場合は半年がタイミングとも言われていますので、1年以上なんの手ごたえがない時はそのまま自分の人生を進み、新たな出会いを探した方が良いでしょう。復縁を期待して何年も待ち続ける人もいるかもしれませんが、自分だけ熱い思いを持ち続けても結局恋愛は一人ではできないもの。

復縁も二人の気持ちが盛り上がるタイミングがずれてしまったら、元のさやに戻る運命ではなかったと諦めるしかありません。過去の恋愛に捕らわれて、将来を棒に振るのは避けたいことです。

 

まとめ

別れたカップルがすべて復縁をするわけではありません。別れて良かったと思う人もいるでしょうし、復縁して幸せになる人もいます。すべてはタイミングがカギを握っていますので、復縁の努力をいつまでも続けても無理だと感じた時は、諦めることも選択肢のひとつです。

どうしても忘れられない元恋人の存在。何とかして取り戻したい気持ちは相手にまずしっかりアピールして、どのような展開があるか様子を見ましょう。恋愛は色々なパターンがありますので、自分が一番快適で幸せを感じる相手を選ぶことが必要になります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です