ケンカ別れした後に復縁ってあり?寄りを戻す方法

ケンカ別れした後の復縁で、寄りを戻すことはできるのでしょうか。ケンカをした時はお互いに言いたいことを言い合い、傷つけあって後戻りはできませんよね。本当はそんなつもりでなかったなんて言っても、一度口から出てしまった言葉は頭の中でいつも引っかかっていることなのです。

ケンカ別れした後、復縁したくなる瞬間はきっと訪れるもの。冷静になると相手が自分にとってどれほど大切な存在だったか、嫌というほど身に染みて感じるものですよね。そんな悩みをお持ちの方に、喧嘩別れした後の復縁について寄りを戻す方法をご紹介したいと思います。

 

まずは友達として仲直りしよう

ケンカ別れで復縁する確率は7割~9割と意外と成功率が高いといわれています。ケンカして思わず相手を傷つけるようなことをするのは、どんなカップルにも起こることですよね。

感情的になっていると、普段の自分の姿をつい見失ってしまいます。しばらく時間が経つと反省の気持ちが強くなり、何とかしてケンカ別れから復縁に向けて頑張りたいと思いますよね。

いきなりではきっと相手も許してはくれないでしょう。まずは恋人ではなく友達として近づいてみてはどうですか?

ワンクッション置いた方が、相手も抵抗感なくコミュニケーションが取れるかもしれません。ケンカ別れするとお互いに意地を張ったままなので、そんな時はやはり男性がリードして状況を変えることが必要に。

 

ケンカ別れから復縁するまでの冷却期間

ケンカ別れから復縁するまでには、冷却期間をおいて感情的な態度を一旦リセットする必要があります。復縁はタイミングが鍵を握っているため、早すぎても遅すぎてもダメでしょう。

ケンカ別れから復縁するには、怒りが収まるまで何をしても成功はしませんよね。冷却期間中を自分一人の時間を有意義に過ごして、相手の価値観や魅力を再び考える大切な時間にしてみましょう。

でも冷却期間を持とうとしても、早くしないと相手が新しい恋人を作ってしまいそうで慌ててしまいますよね。そんな態度は逆に余裕がない人間だと思われる原因なので、正しいタイミングが訪れるまでは、しばらく連絡をせずに待ちましょう。

冷却期間は自分だけではなく相手の立場になり気持ちを優先することが大切なので、心の傷が癒されるまでは慌てずに時間をかけてくださいね。

 

相手に真摯な態度で謝ること

ケンカ別れの後の復縁は、とにかく反省の態度をアピールしないといけません。一度謝っただけで恋人の気持ちが取り戻せるとは限らず、何度も頭を下げる覚悟が必要です。

女性の心理は、男性にはわからない複雑な面が色々ありますよね。顔も見たくない、話もしたくないと言いながら元カレから連絡をずっと待っている場合も。女性の本音を理解しないと、ケンカ別れから復縁するのはとても大変です。

別れるのはお互いに多少なりとも原因があるはず。しかし復縁するためには完全に自分が悪いのだと責任をかぶるつもりがないと、なかなか女性の気持ちを取り戻すことができません。

許してもらえなくても、とにかく真摯な態度で謝り続けましょう。メールや電話など諦めずにコンタクトをとり続ける態度は、女性が気を許してくれるチャンスです。

 

ケンカの原因をしっかり理解すること

ケンカ別れは復縁できる可能性が高いと言われています。でも頭にきた勢いでついとってしまう態度は、その人の本音が出る瞬間ですよね。相手を傷つけるような言葉や、罵倒しあう瞬間は、なかなか忘れることができません。

ケンカ別れした時は、二人とも心に深い傷を負っているため、そこからまた信頼関係を取り戻すには、二度と同じ過ちを繰り返さない決意が大切に。そのためには別れの原因となったケンカの理由を、しっかり見つめ直してみましょう。

浮気、お金、友達関係等、二人を取り囲むシチュエーションは、時にはマイナス的な要素をもたらすことがあります。ケンカするネタはカップルによって違いますが、なんとなく同じことで毎回言い合いになることもあるのです。

二度とケンカ別れしない為には、ケンカの原因を作らないように自分を変えることが大切ですね。

ケンカはお互いをもっと知るための大切なプロセス

ケンカ別れするほどの大きないざこざは、できれば避けたいことですが、付き合っていれば必ず恋人とケンカすることはあるもの。ケンカするのは仲が悪いからか、価値観が違うためなのか…それとも根本的に相性が合わないのか。

ケンカ別れした後は、色々な不安が出てくると思います。仮に復縁したとしても、ケンカを全くしないで今後付き合うのは不可能です。

そこで大切なのは喧嘩するのは、二人がもっとお互いを知るために大切なことで、仲直りできるケンカなら何度してもいいのです。違う家庭で育った二人が一緒にいると、些細なことで話が食い違い、それが言い合いに進展します。でもそれは相手が嫌いな証拠ではなく、もっと価値観を共有したいという意味なので安心してください。

 

メールでなく本人に会って気持ちを伝えること

ケンカ別れして復縁する場合は、メールで始めにコンタクトを取り始めるのも方法のひとつですが、大切な話をする時は必ず本人を目の前にしてください。そうしないと本当に自分の気持ちが相手に伝わりません。メッセージなど文字だけで気持ちを伝えるのは難しいもの。

相手がどうしても意地を張っている、連絡をブロックされている時には友達の力を借りてコンタクトをとるのもひとつの方法です。そんな困ったシチュエーションのなかで、どうやって近づいてくるか、情熱の深さを女性は知りたいのかもしれません。

ケンカしたことに対して謝りたい気持ちや、もう一度やり直したい気持ちは必ず相手の目を見てしっかり伝えてください。その勇気がない限りケンカ別れから復縁するのは難しいでしょう。

 

まとめ

ケンカ別れした後の復縁は、お互いに気持ちを入れかえてすんなり成功する場合もあります。しかし一度別れた事実は一生変わりませんので、二度と同じことが起きないように復縁する時は相に許してもらうことが大切に。

「仲がいいほどケンカをする」なんて言われますが、それほど相手に知ってほしい自分の気持ちがあるというのは大切にしたいですね。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です