復縁の方法が分からない時に、まずするべきこと

別れた恋人と復縁したいけれど方法がわからない人は、まず何から始めると良いか頭を悩ませるところです。別れた時は二人とも感情的になっていたので、「別れて良かった」なんて気分がすっきりしていたかもしれません。

しかし時間がたって冷静になると別れた恋人のことが懐かしくなり、復縁の方法が頭をちらつき始めますよね。

すぐに新しい恋人なんて見つかる!と大きな態度だった自分が、とても恥ずかしくなる瞬間です。どうしても忘れられない人とは、もう一度チャンスがあればうまくいくかもしれません。ではまず何から始めたらいいのか、復縁したい方法についてご紹介しましょう。

 

別れた原因を直視すること

復縁する方法で最初に考えるべき点は「別れの原因」です。別れた時はお互いに嫌な思いをして、できれば過去の出来事として忘れたいものですが、原因を理解しておかないと、また同じことで喧嘩してしまいますよね。

二人の関係にひびが入ったのはなぜか、自分に原因があるのかどうか、客観的に判断することが大切です。別れた原因を無視してしまうと、恋愛関係をスタートさせるのは難しくなります。2度目だからこそ、完璧な状況を作ってスタートさせないといけません。

恋愛関係は大きなことが引き金になり、別れてしまう場合がありますが、ほとんどの場合は小さなことの積み重ねです。喧嘩の理由や相手の気持ちの変化を把握して、二度と同じ状況にならないように原因を知ることが大切です。

 

一人が寂しいという理由では復縁できない

別れて時間が経つとどうしても思い出す元恋人の存在。一人になるとやたら周囲のカップルが目につくようになりますよね。クリスマスの時期や誕生日、二人の大切の記念日がやってくると、二人で楽しく過ごした日々が恋しくなります。

なぜか別れた後には楽しい思い出だけが印象に残っているもの。ふと孤独が襲ってくるのはこんな瞬間なのです。別れた後に一人でいるのか辛いというのは、きっと誰でも体験したことがあるでしょう。

しかし寂しいということは、復縁する理由として相手が納得できるものではありません。寂しさを埋めるための復縁なら、相手は誰でもいいのです。元恋人にアプローチする時に、「寂しいから寄りを戻したい」、と言ったら、断られやすいので、これについては気を付けましょう。

 

自分よりも相手の気持ちを尊重すること

何とかして復縁したいけれど方法がわからない時には、自分の気持ちを相手にどうやって伝えるか必死になってしまいます。いつまでも忘れられない気持ちを知ってほしいのは、復縁するためのスタートに必要なこと。

しかしそれが強引になってしまうと、相手気持ちを踏みにじることにもなりかねません。「好き」である気持ちは、きっとすでに相手にも伝わっているはずです。本当に知りたいのはこれから変わってくれるのか、反省しているのか、一緒にいたいのか、そんな点をアピールすることが大切に。

別れた恋人もきっと伝えたいことがたくさんあるはず。自分の気持ちばかりを押し付けずに相手の意思を尊重して、しっかり話を聞いてあげましょう。口先だけでは伝わらないことがたくさんありますので、相手の立場になり思いやりの気持ちをアピールしてくださいね。

 

メールで連絡をとりはじめること

復縁したいけれど方法を間違えてしまったら、せっかくのチャンスが無駄になってしまいます。たとえ何年も付き合った人で、お互いによく分かり合っている仲でも、初めて知り合った人のように、慎重に近づくことが大切です。

いきなり会うことや電話で話をするのは、相手にとってプレッシャーになってしまいますので、最初のアプローチはメールでスタートすることをオススメします。メールを送り返信が来るかどうか、どれほど早く返信してくれるかで、なんとなく手ごたえを感じますよね。

メールなら相手の顔を見ずに、感情的にならずにコミュニケーションをとることが可能です。やり取りが始まれば時間をかけてメッセージを作成して、冷静な対応が可能になるでしょう。

自分を見直し変わる努力をすること

別れの原因はお互いにあるかもしれませんが、責任を押し付けあっている間は、復縁は成功しません。相手の悪い面ばかりを意識せずに、まずは自分の悪いところを直すように努力しましょう。

別れてしまったのは何かしら原因があるためで、あの時こうしておけば、あんなこと言わなければという後悔も色々あるはずです。あの頃の自分に戻らずにまったく新しい人間として、アプローチすることも必要です。

まずは自分磨きとして趣味の時間、エクササイズ、旅行などで気分転換するのも良いでしょう。相手に気に入ってもらえる人物になることと同時に、自分自身が一番満足できる人間になることが大切です。

喧嘩した時に言われたことや恋人の不平不満を思い出してみましょう。そこに自分を変えるヒントが隠されているはずです。

 

冷却期間をおいて冷静になろう

別れてすぐに復縁をしようとしても、相手にすぐに断られてしまう可能性が高いです。復縁する方法が分からない時は、まず冷静になるまで冷却期間をおいてください。別れた時は、相手を責めるだけで自分のことなんて全く棚の上に置いたままでしたよね。

感情的になると、相手を攻撃するだけしかできないため、本当の問題点を見つけることができません。復縁する方法は、まずお互いに一人の時間を大切にして冷静になることが基本です。一人寂しい時を過ごすと、思わず声が聴きたくなることもあるでしょう。

しかし感情が抑えきれない時は、喧嘩がしやすい状況にあります。別れた後は、相手のことしか頭になくて、なにも手につかない状態かもしれません。そんな時は友達と過ごしたり自分一人の生活をしたりして過ごしてみましょう。

 

まとめ

復縁したいけれど方法が分からない時には、つい気持ちだけが先走りして相手に迷惑をかけてしまう時もあります。本当に寄りをもどしたいのであれば、まず相手の心の準備ができるまで、ひたすら待つことも大切です。

たとえ復縁しても、お互いに辛い別れの体験は一生忘れることはありません。いつまでも辛い過去を引きずりながら付き合っても、うまくいかないこともあります。

2度目のチャンスをうまく生かすためには、慎重に復縁計画を進めましょう。まずは自分をよく見直して、もっと魅力的になる努力をするとこから始めたいですね。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です